フィッシュフィレットマシン|魚のスライサーマシン|切断機

Commercial fish fillet machine
commercial fish fillet machine

市販の魚のフィレットマシンは、主に魚の様々な種類の斜めのスライスに使用され、1.5mmから6mmの範囲の均一な厚さの薄いスライスにそれらをスライスします。この電動魚スライサーマシンは、主にサーモン、ニシン、ティラピアなどの骨のない魚をスライスするために使用されます。 サーモンスライサーの切断角度は15°と45°の間で調整することができ、異なる厚さの魚のスライスを切断するために使用されます。 魚の切り身で加工された魚の切り分は、通常、様々な料理を作るために使用されますので、商業魚の切り身切断機は、多くの場合、レストラン、学校の食堂、スタッフ食堂、魚屋などで使用されます。

商業魚のフィレットマシン
商業魚のフィレットマシン

なぜ魚の切り身を使用して魚のスライスをカットするのですか?

魚肉は、その豊富なタンパク質、おいしい味、豊かな栄養のために多くの消費者に愛されています。 魚肉の加工は簡単ではありません。 薄いフィレットを作りたい場合は、より多くのスキルが必要です。 通常、魚の切り身の手動切断は、不均一な厚さと労働者の怪我を引き起こす。

スライスした魚の切り身
スライスした魚の切り身

自動魚の切り身機械を使用すると、これらの問題を完全に回避することができ、処理効率が非常に高く、毎分約280〜600スライスをカットすることができ、1時間あたり150kg-250kgの魚肉を処理することができます。

魚のスライサーマシンのスライス効果の表示

魚の切り身切断機は、新鮮な魚を薄い切り身に切ることができます。 フィレットの厚さは、切断ナイフの傾きを調整することによって調整することができます。 一般的なスライスの厚さは1.5mm、2mm、2.5mm、3mm、6mmなどです。 当社は、お客様が加工する原材料と加工要件に応じて、ベルトマシンの最大切断厚さをカスタマイズすることができます。

魚のフィレットスライス効果
魚のフィレットスライス効果

魚のフィレットマシンの特別なカッター設計

電動魚スライサーマシンのカッターは、非常に耐久性のある高品質の304ステンレス鋼で作られています。 また、この機械のカッターは、特に設計されたブレードのセットであり、主に上部ブレード群と下部ブレード群(傾斜刃)に分かれています。 機械が働いているとき、上部ナイフグループは魚を切るために左右に動き続けます。 下のナイフグループは、カットされた魚の切り身を示すために上に移動します。

魚のスライサーカッター構造
魚のスライサーカッター構造

魚の切り身の加工過程

  1. まず、加工に使用する新鮮な魚を洗浄し、スケールオフする必要があります。 その後、魚の腹を開き、魚の内臓を取り除き、それをきれいにします。
  2. 魚の頭と尾を切り落とします。 魚の頭と尾はより多くの骨を持っているので、スライスすることはできません。
  3. 頭と尾が切り取られた新鮮な魚を半分に切ります。 そして、魚種の魚の骨を削除します。
  4. 魚の骨をトレイに取り出します。 次に、トレイを魚の切り身のフィード開口部に供給し、トレイを引き出し、ブレードに魚を広げます。
  5. マシンを起動し、魚をスライスし、スライスした魚を取り出すためにトレイを使用します。 魚のスライスの厚さが均一であることがわかります。
魚のフィレット処理
魚のフィレット処理

魚フィレットスライサーマシンの主な特徴

  1. この自動魚のフィレット切断機は手動スライスの原理をシミュレートし、自動的に薄いスライスに魚をカットするためにギアボックスを使用しています。
  2. 機械の運転モードは、シンプルで操作が簡単で、安全で信頼性が高いです。 刃は取り外し、洗い易い。 機械の切断ナイフは、魚の切り身の切断面を滑らかで滑らかにすることができる固定法を採用しています。 魚のスライサーマシンは、サーモン、イカ等を斜めに切断したり、ポークレバーやトリプなどを斜めに切断するのに適しています。
  3. 魚のフィレットマシンは、高い生産効率で様々なサイズの魚をスライスするのに適しており、10人の労働者の仕事を置き換えることができます。 機械は使用中の1人だけ作動させることができる。

魚肉スライサーマシンビデオ

https://youtu.be/G2WdjjWksZ0

Add Comment

Click here to post a comment

quote Get Quote
whatsapp WhatsApp
×

Get a Quote

Your requirements has been submitted.
Something went wrong. Please try again